モーラー奏法習得のカギは脱力にあり!

 

と言って過言ではありません♪

 

腕の部分だけで考えても

 

  • 肩の脱力
  • 腕の脱力
  • 手首の脱力
  • 指の脱力

 

全ての部分が脱力していないと、使えないのです。

使えない理由は、色々応用していくと如実に出てきます。

手

左の画像は、重力に逆らわずに手を『ぶらぁ~ん』とさせた状態

 

です。力を抜いて、手を「ぶらぶら」した後に、だらぁ~んと下げ

 

てみてください。同じような感じになると思います。 

 

手の感覚をこのままでドラムを演奏するんです。どうでしょう?

 

あなたがリラックスして演奏している時と同じ状態ですか?

 

ドラムを叩いてる時の感覚と大分違うようであれば、

リラックス(脱力)状態でドラムを叩けていないかもしれません。

 

手が『ぶらぁ~ん』となった状態のままドラムに向かって試してみてください。

実際にスティックを指に"添える"た感じが左の写真です。基本

 

がこの状態です。注意点としては、『叩くぞ』となった時に、この

 

感覚がなくなってしまわないようにする事です。

 

スティックを”握った”途端に、腕に力が入り力んだ状態になる

 

人が良くいます。

 

遊びでスティックで遊んでる時は、ドラム始めたてで何となくステ

 

ィックで遊んでた時は力まなかったと思いますよ♪

写真のような状態で演奏する事で、スティックの持っている重さを上手く利用したり、身体の筋を使った演奏が可能になります。

バディー・リッチのような高速なストロークの中でアクセントタッチのニュアンスを変えていく事は、脱力無くしては行う事ができません。

各腕の部分でも説明をしますが、一部でも力みが発生すると、動きの邪魔をする事になってしまいます。

全体が力んでいればもちろんの事、肩、腕、手首、指 のどれか一つが力む事で、他の部分に影響します。

 

徹底的に脱力 を合言葉に(笑)しばらくドラムの練習に打ち込んでみるのも良いと思います。

 

"徹底的に脱力”

脱力をする事の重要性は理解していただけましたでしょうか。

 

それでは、さらに肩~指先まで、各部分についての脱力にフォーカスして説明を進めていきましょう。

 

各項目での情報が多すぎる為、ページを分割しましたので、下のボタンからお進みください。


仙台ドラムレッスンブログ

【2017年8月】

ドラム個人レッスン

★2017年8月19日(土)、20日(日)で行います

 

仙台ドラム個人レッスンはお申込み順にレッスン枠を決めております。

体験レッスン個人レッスンをご希望の方は、お早目にお申込みください。

 

場所:StudioMuzikaSendai

時間:2時間(セッティング込み)

料金:15,000円(スタジオ代込み)

 

日程が既に埋まっている場合、

ご希望を承ることができません。

お早めにご連絡ください。

 

お申し込みはフォームよりお申し込み下さい。

【初回体験レッスン】

 

初回限定体験レッスンを開催します。

 

モーラー奏法のレッスンとはどのようなものか? モーラー奏法で演奏するとどのような音が出るのか? 1時間だけ、実際のレッスンを体験できます。

 

時間:1時間

料金:5,000円 

2017年8月19日(土)、20日(日)

 

お申し込みはこちらから

【次回ワークショップ開催】
日程:希望開催 現在未定
場所:Studio Muzika 仙台
時間:15:30~17:00
料金:3,000円
詳細はこちらのページで!!

サウンドハウス