指の脱力について


指の脱力と言われて”ピン”とくる人はどれ位いるでしょうか?ドラムをたたく時に指を脱力するんです。


指の脱力ができていないと、スティックがバウンスしません。スティックがバウンスしないと、速いフレーズに対応できません。指の脱力が出来ていないと、バウンスしたスティックコントロールできません。


ドラムレッスン時に指の脱力が上手く出来なくて、悩む人も多くいます。


スティックコントロールはパターンを学ぶ為に、様々なフレーズを練習するわけではなく、バウンスしたスティックを上手くコントロールする事を身につける為に行う練習です。フレーズは指が脱力した状態で、スティックの色んな動きに対応できるように練習する題材です。


そこを理解したうえで、よくあるパラディドルの楽譜を見て見ましょう♪

基礎練習をした事がある人なら、必ず見た事がある譜面ですね。パラディドルで最初に出てくる事が多いパターンです。


指を ゆる~く した状態でこのフレーズをどの位のテンポまで出来るか試してみてください。

ゆっくりのテンポなら、多くの人が出来ると思います。出来ていると思っていると思います。


ここがポイント


出来ていると思っている人達に確認です。指の脱力状態は、画像でもたくさん出てきていますが、手をだらーんと垂れ下げた状態です。

この時の指の状態で上のフレーズを叩けていますか?なかなか難しいと思います。スティックに指を添えるだけの状態にならないと、出来ません。

まずは、ゆっくりでよいので、この状態で叩けるようになりましょう♪

それが脱力して、演奏する為の第一歩です。

 

 

仙台ドラムレッスンブログ

【2017年10月】

ドラムレッスン

★2017年10月14日(土)、15日(日)で行います

場所:StudioMuzikaSendai

時間:2時間(セッティング込み)

料金:15,000円(スタジオ代込み)

 ご希望をいただいた順番で、スケジュールを確定しております。

お早めにご連絡ください。

 

お申し込みはお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。

【初回体験レッスン】

 初めてお申込みいただく方限定で、初回のレッスン料金を割引させていただいております。

 時間:1時間

料金:5,000円 

【お申込み可能日】

2017年10月14日(土)、15日(日)

 お申し込みはこちらから

サウンドハウス