肩の脱力について


ドラムを演奏する上で、肩の脱力と言われて "ピン" とくる人は少ないでしょう。

ドラム演奏をする人の多くは、腕に注目し、スティックの動きを意識、手首を鍛えたりしてると思います。

ドラムを演奏する上で肩(実は肩甲骨)を意識しながら、動きのチェック、筋トレ等を行う方は少ないと思います。

実際私も、K'sMusicで「肩甲骨から動かす」とLessonを受けるまでは、意識した事はありませんでした。

 

意識していなかった部分を脱力させる事はなかなか難しいです。

個人レッスンの際には意識できるようにアプローチをかける事が出来ますが、文章ではさすがに難しいです。

 

誰かに肩を触ってもらいながら動かしてみたりすると、意識出来るかも知れません。

 

ただ!本当に力が抜けているかどうかは自分ではわからない

 

ので、気をつけて行ってくださいね。

さて、肩の脱力について、話を深めていきましょう。

 

肩に力が入っている=腕を持ってしまっている=動きに制限をかけている

 

状態になってしまいます。

プラスの要素は一切ありません。

◆腕の重さを使えなかったら

重さのページでも説明しているように重さが使えない場合 ”” に繋がりません。

そうなると、音を出すのに力任せになり、腕、指 の方から先の部分の重さもどんどん使えなくなってきます。

悪循環ですね。

残された道は...

 

長い演奏でも、十分に音量が出し続ける筋肉を鍛えるくらいではないでしょうか。

頑張ってください。

 

でも、トップドラマーは筋肉では叩いてないですよ♪

 

筋肉で出す音

脱力で出す音

 

この二つは明らかに違います。

スタジオに入って、他のパートの人が聞いてもわかるくらいに違います。

音を聞いてみたい方は是非体験レッスンにお申し込みください。

 

◆動きに制限をかけてしまったら

肩が力むと、上手く肩甲骨は動きません。

力を入れる→固定する 事だからです。

 

手を ”ギュッ” っと握ってみてください。

腕も肩も、身体が緊張すると思います。

 

その状態で、腕をめい一杯動かしてみください。

結構きつくないですか?

 

スティックをしっかり持って演奏している人は、そのきつい事をわざわざやっているわけですね。

 

肩も力が入っていると動きに制限をかけてしまいます。

 

セット全体での移動や、外回転内回転 の使い分けの邪魔をします。

というか できません!!

 

動くという事が出来ないように力を入れている

わけですから、ドラムを演奏するとは逆の発想ですよね。

 

力みが無いように練習に取り組みましょう。


仙台ドラムレッスンブログ

【2017年8月】

ドラム個人レッスン

★2017年8月19日(土)、20日(日)で行います

 

仙台ドラム個人レッスンはお申込み順にレッスン枠を決めております。

体験レッスン個人レッスンをご希望の方は、お早目にお申込みください。

 

場所:StudioMuzikaSendai

時間:2時間(セッティング込み)

料金:15,000円(スタジオ代込み)

 

日程が既に埋まっている場合、

ご希望を承ることができません。

お早めにご連絡ください。

 

お申し込みはフォームよりお申し込み下さい。

【初回体験レッスン】

 

初回限定体験レッスンを開催します。

 

モーラー奏法のレッスンとはどのようなものか? モーラー奏法で演奏するとどのような音が出るのか? 1時間だけ、実際のレッスンを体験できます。

 

時間:1時間

料金:5,000円 

2017年8月19日(土)、20日(日)

 

お申し込みはこちらから

【次回ワークショップ開催】
日程:希望開催 現在未定
場所:Studio Muzika 仙台
時間:15:30~17:00
料金:3,000円
詳細はこちらのページで!!

サウンドハウス