重さについて

重い!!
重い!!

このページでは重さについて紹介します。

 

画像のように、物理的な重さの話しですが、物理の話しではありませんので、

苦手な人もご安心くださいね(笑)

 

このサイトをご覧になっている方で、体重計に乗った事がないという方はいないと思います。

 

そうです、日本人には、いえ世界共通!!といっても過言ではないでしょう!!

 

地球にいる限り、『体重』つまり『重さ』を持っているのです!!

 

当たり前ですよね

 

 

でも、その当たり前のように、誰もが持っている『重さ』を、私生活の中では上手に使えているのに"ドラムを叩くときに限って"上手に使えていないのは勿体無くないですか??

 

せっかくの地球からの授かり物を使わない手はない!!

というわけで、重さについて、解説していきましょう!!

 

まずは、動画をご覧ください!!

 

マイクが悪くて、わかりにくいですが、音の違いがわかると思います!!

上記の動画は 

 

(1) 国内で広まっている、手首屈伸運動での叩き方

(2) 回転運動重さを利用した叩き方です。

 

少し回転もコンパクトになっていますが、慣れてくるとこうなります(笑)

※もっとわかりやすい動画を用意しろ!!

 

音もよくないのでわかりづらいですが、2拍目4拍目のスネアの伸びと、音程(チューニング変えてません)が変わっている事に気が付きます!!

さて、この重さを上手く利用する為には、身体の状態は脱力状態なければいけません!!

 

※脱力状態につては、別のページで今後詳しく説明しようと思いますので、しばしお待ち下さい。

 

では、なぜ脱力状態じゃないと、重さを使えないのか?

 

◆腕の重さを使いたい◆

 

腕の重さを使って音に反映させたい場合、"例えば"腕を水平位置に持ってきているとどうでしょう?

腕の重さを肩や胴体で支えていませんか?その状態は「腕を身体で持っている」状態です。

身体で支えている腕の重さを『楽器を鳴らすのに利用する』と思えばいいのです。

 

さらに手首をだら~と下げると、肩にはずっしりと重みが乗ると思います。

手を持つ力(手首を上げる力)を抜いてあげるだけで、これだけの重さが発生するのです。

その重さをドラム演奏に利用しない手はない!!

手首だけでこのずっしり感なので、腕全体であればどれだけの重さが乗っかってくるかは

想像することはかんたんですね!!

 

是非腕の全体の重さを使えるようになりましょう!!

 

仙台ドラムレッスンブログ

【2017年12月】

ドラムレッスン

★2017年12月16日(土)、17日(日)で行います

場所:StudioMuzikaSendai

時間:2時間(セッティング込み)

料金:15,000円(スタジオ代込み)

 ご希望をいただいた順番で、スケジュールを確定しております。

お早めにご連絡ください。

 

お申し込みはお問い合わせフォームよりお申し込み下さい。

【初回体験レッスン】

 初めてお申込みいただく方限定で、初回のレッスン料金を割引させていただいております。

 時間:1時間

料金:5,000円 

【お申込み可能日】

2017年12月16日(土)、17日(日)

 お申し込みはこちらから

サウンドハウス